*      

伝わるブースと残念なブースの違いとは

おはようございます^^
レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。

今朝はとてもいいお天気で初夏の日差しのようです。そんな早朝の大阪から今朝もブログをお届けします。

いかにして自分に関係があることだと気付かせるか

先週、あいち産業振興機構さん主催の展活セミナーに参加いただいている企業の皆さんと名古屋機械要素技術展を見学してきました。伝わるブースと残念なブースの違いがわかる見学会、というテーマを掲げていたのですが、今朝のブログではその違いを3つのレベルに分けて解説していきたいと思います。3m×3mの1小間ブースに出展する中小企業、主に製造業の例としてお読み下さい。

レベルC

kengaku2

まずはじめにレベルC。これは何もわからないブースです。例えば会社名それも“大島商会”とか仕事内容が全くわからない会社名やロゴマークだけを掲げたブース。これでは何ができるのかすらわかりません。“シャネル”とか“ナイキ”とかロゴマークだけで伝わるほどのブランド力を持っていれば話は別ですが、我々中小企業はそこをマネしていい段階にはいません。そんな何もわからないブースも全体の15%くらいはあります。

レベルB

kengaku3

次にレベルB。これはできることを羅列しているだけのブースです。ほとんどがこれ。全体の80%くらいを占めます。おそらく「わかる人にだけわかればいい」という考えでありその工法を求めてピンポイントで訪れる人には伝わるでしょう。ただ何らかの問題意識を持って展示会を訪れた人がその工法を知らなかった場合は素通りされてしまいます。

また、展示会には必ずメディアが取材に来ます。メディアの方々は素人ですから専門性が高い工法の名前を掲げていたのではその人たちには理解できず、せっかくのメディア露出の機会を逃すことにもつながります。

レベルA

kengaku4

最後にレベルA。これは誰のどんなお悩みを解決できるのかわかるブースです。全体の5%くらいしかありません。だからこそここをきちんと表現できているブースには見込み客が立ち止まってくれる確率が高くなり、商談から成約へとつながるのです。

大切なのはいかにして自分に関係があることだと気付かせるか、です。人は自分に関係があることにしか興味を持ちません。知らない工法名、加工名が並んでいても自分に関係があることだと気付かないのです。自分に関係があることだと気付かせるためには自社が伝えたいことよりも、お客さんが困っていることや、求めていることを前面に出す必要があります。

kengaku1

逆に言うと、名古屋機械要素技術展のような出展料が高い展示会でもレベルAのブースは5%ほどしかないのですから、あなたの会社の展示会できちんとレベルAのブースを作れば、例え初出展でも出展に慣れている企業より多くの成果をあげることも可能なのです。だからね、がんばって!!!(^^)

まとめ

今朝は伝わるブースと残念なブースの違いとはというタイトルで展示会の成果に直結するとても大切なことを書きました。こういう記事こそこれを必要とする方にちゃんと届いてほしいです。

今日もお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

大島節子

代表取締役(有)マルワ什器
1975年 大阪市生まれ。 1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。現在、什器レンタル屋二代目社長として、また2012年からは展示会活用アドバイザーとしても活動中。

最新記事 by 大島節子 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事

成果のとらえ方

こんばんは! レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今日はめずら

記事を読む

展活とは何なのか

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 週

記事を読む

福井講演「成果に直結する展示会出展ノウハウ」のご案内

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今

記事を読む

名古屋展活セミナー 1日目

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 昨

記事を読む

東京葛飾講演「失敗しない展示会出展のノウハウ」報告

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 東

記事を読む

展示会における1つ2役のタペストリー活用

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今

記事を読む

展示会の選び方 総合展と専門展の違い

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 今

記事を読む

そこから見える景色

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 明

記事を読む

見つけてもらえるブースの法則

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 先

記事を読む

展示会の準備 模擬ブース編

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイザーの大島節子です。 皆

記事を読む

tenkastu_bunner
ブログ引越しました!

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイ

ブログ引越します

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイ

名古屋展活セミナー2016 成果報告会レポ

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイ

今日は名古屋展活セミナー成果報告会!

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイ

愛知県大府市で登壇させていただきます

おはようございます^^ レンタル什器屋二代目社長で展示会活用アドバイ

→もっと見る

  • profile

    大島節子
    1975年 大阪市生まれ。1998年家業マルワ什器入社。2001年、26歳のときに売上の95%以上を占める得意先が倒産する、という人生の試練を経験。連鎖倒産の危機を回避し家業を立て直す過程で多くの展示会現場に携わる。現在、什器レンタル屋二代目社長として、また2012年からは展示会活用アドバイザーとしても活動中。
PAGE TOP ↑